小型の盗聴器はプレゼントの中にまで仕掛けられる!

音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方

プレゼントにも盗聴器、進化する小型盗聴器の脅威とは!


身の回りの家電や機械は、日々進歩を続けていますよ。

季節ごとに新しい機種が発売されたり、そのたびに新機能が追加されていたりと、今やその進歩についていくのもやっとだ、と思ってしまう方も多いかもしれません。

しかし、機械の進歩は決してプラスの面ばかりを持っているわけではありません。例えば、今回のテーマである「盗聴器」。

一見、自分とは関係のない世界の代物…と考える方も少なくないでしょうが、その危険はすぐ近くに迫っているかもしれません。是非一度、他人事とは思わずに、日頃の防犯対策に組み込んでみることをおすすめします。

と言うのも、機械の進歩に合わせ、その「機械」の一種である盗聴器も、日々進化を続けているのです。

簡単な例を挙げれば、「小型化」もそのひとつです。
盗聴器本体がどんどん小さくなっていけば、それを見つからないよう長期に渡って仕掛けておくことも可能になりますよね。


また、パッと見ただけでは盗聴器だと気づかれないものに仕込むこともできてしまいます。と言うのも、実際にあった例として、プレゼントとしてもらったぬいぐるみの中に盗聴器が仕掛けられていたケースがあるのです。

よくあるプレゼントに盗聴器が仕掛けられる例
  • ぬいぐるみ
  • フィギュア
  • 時計(電池式、コンセント式)
  • 日用品生活雑貨
  • 家具(ベットやタンス、テーブルまで)
など

逆に盗聴器が仕掛けられないプレゼントの例
  • 生菓子の箱
  • 使い切りの商品
など

一体どうやって…?と思われるかもしれませんが、
毛足の長い生地を使用したぬいぐるみであれば、本体の綿の中に小さな盗聴器を仕掛け、あらかじめ縫い目を解いて開けておいた隙間から、集音マイクを露出させておくだけで、ある程度の性能をもつ盗聴器なら、周囲の音声を十分拾うことが出来てしまいます。

子供向けのぬいぐるみの中には、動物やキャラクターの声が出る機械を内蔵したぬいぐるみもあるので、盗聴器は仕掛けやすいのです。

また、最近ではボールペンや万年筆といった文房具に超小型の盗聴器が仕掛けられていたということもあります。

少し前までは、盗聴器と言えばコンセントタップや家電の周囲に設置されていることが多かったのですが、近頃ではどんどんその設置場所を選ばぬようになってきています。

このように、今までと同じような場所だけを警戒していても、盗聴器の被害を食い止めることはできません。

自宅や会社のデスクに、見知らぬ日用品がそっと置かれていないか、またたとえ親しい間柄の人間からもらったプレゼントであっても、油断は禁物です。

すべてを疑ってかかることはあまり気持ちの良いものではありませんが、こういった心構えこそが、日頃の防犯対策の重要なポイントとなります。

費用をかけ、専門家に盗聴器調査を依頼することも可能です。
しかし、まずは自身の周囲に盗聴器を持ち込まない、持ち込ませないという意識を持つだけでも、十分な防犯効果が期待できるでしょう。

Copyright (C) 音声は盗聴される?盗聴器から身を守る方法、盗聴器の発見や見分け方 All Rights Reserved.